2015年01月22日 02:01

貝料理専門店 ゑぽっく ① 「牡蠣そばBLACK」

飲食店さんにおいて昼と夜は別の顏
そんなお店さん増えてきましたよね。

同じ方が、ガラッと違うものを出されたり
昼と夜で違う方が食事を提供される「間借りスタイル」とか
夜はバーで盛り上がり、昼は美味しいランチが出てくる。
などなど、形は様々。

私は、昼の方が食べ歩きをする確率が高いので
そういうお店さんは大歓迎なのです~!


こんかい御紹介させていただくのは
夜は、貝料理専門店
昼は、貝スープ主体のラーメン店。

場所は、長堀橋にある南警察署の
道路はさんで西むかい。

20150117_123039_367
貝料理専門店 ゑぽっくさん

大阪市中央区東心斎橋1-6-4
06-6252-1540



20150117_123029_212

スタイリッシュな外観だけでなく
視覚効果の高いボードも素晴らしい・・・!
これのあるなしで、
(ネットを含めての)注目度は大きく違います。

内装がこれまた素晴らしい。
私のスマホでは、奇麗に撮りきれないのが残念です(笑)


20150117_123222_832
お茶を入れる容器が
思わずニヤリとさせてくれます。
期待度高まりますねー♪


20150117_123212_745

メニューは、「BLACK」 と 「VIANCO」のふたつ。
プラス、「本日の日替りごはん」をつけるかどうか。

ここにも、お店のセンスが光っています。

メニューのデザイン?
それもありますが、肝心なのはネーミングです。
本来であれば

・「BLACK」 と 「WHITE」
・「NERO」 と 「VIANCO」


のどちらかの組み合わせであるべきです。
ですが、この名前にした・・・なぜか。

それは、
「WHITE」と書くと、「白湯」と間違えられる可能性がある。
「NERO」と書くと、名前でイメージがわきにくい。
※意味を御存知でない方もいらっしゃるから。

だから
「BLACK」 と 「VIANCO」組み合わせなのでしょう。
これを「ネーミングセンス」と言わずしてなんとする、ですね。


20150117_123605_304

これで美味しくない物が出てくるわけがない。
初めて来るお店は、どうしても期待と不安が入り混じります。
ですがもう、この段階で期待しかありませんでした!

20150117_124254_810
牡蠣そばBLACK(900円)

本日の日替りごはん・大盛(100円)


具は後から入れても、そのまま食べても良い形に。


20150117_124312_238

牡蠣そばBLACKは、牡蠣牡蠣してるわけではありません。
牡蠣と濃密な鶏が、丁度良いパワーバランスで双方香るし、
双方の味が舌の上を綺麗に流れていきます。


20150117_124552_712
具は葱の他に、四角い生麩がちりばめられ
醤油で味付けしたような牡蠣が3個。


これは、牡蠣を醬油で炊き「醬油ダレ」を作ると同時に
牡蠣の中まで醤油が染み込む前に牡蠣を引き上げ
具としても美味しくなる等に気遣いがなされています。

別皿の具を入れるまでもなく、これだけで
マ~ジうまい!!!



20150117_124337_652
3つの具は冗談抜きで、そのまま食べても美味しいのですが
スープの中に入れ、熱を与えスープを絡ませた方が、より美味しいです。

①卵の黄身のねっとり感・・・
殻がむきにくい熱の入れ方なので、手間かかるでしょうね。

②鶏のレアチャーシュー・・・
弾力だけでなく、潤いのある肉質がたまりません。
熱の入れ方は、かなり気遣われてると察します。

③奇麗に整った、さっと茹でられた水菜・・・
葉先部分を入れておらず、茎で奇麗に整えられています。
私、ラーメンに生の水菜を入れるお店は
見た目重視で、味の事を考えてない方だと断言します(笑)
しかも、この水菜・・・茎が細くて上品な歯ざわり
どこの県産の水菜だろう・・・気になります。


褒め言葉しか出て来ません!


しかも、これだけでは終わらないのです。


20150117_124328_431
「本日の日替りごはん」

この日の具は「貝柱山椒」


京都名物の「ちりめん山椒」ではなく、
VIANCOのスープを炊いたときに使った貝柱を
丁寧にほぐして、風味が付きすぎない程度の山椒を入れて味付け。
ラーメンの味を壊すことなく、単体で夢中にさせる。

マ~ジうまい!!!

漬物が2種類入っておりましたが
生姜の漬物ですら、薄くあっさりと
ごはんを彩るかのように添えられた上品さ。


食後に気になって、御出身は京都ですかと尋ねると
「京都産は麺だけです」と、にこやかなお答えが返ってきました。

上品=京都は、私の勝手な先入観でしたね(笑)

20150117_124302_880

ちなみにこれが、ツレが食べてた
貝そばBIANCOです。
※別皿の具の内容は同じ。

こちらは、濃厚鶏スープに
生のアサリを入れて炊き合わせているので
鶏よりもアサリが先にガツンとやってきます。
非常にわかりやすい美味しさです。


凄まじく大満足させていただきました。
これは一度、夜の方も来たいですし
改めてBIANCOも食べたいですし
限定が出るときがあれば、速攻駆けつけたいです(笑)


    mixiチェック
プロフィール

はらぺこ准将

毎日のワンクリックに御協力を~♪
カテゴリー
アクセスカウンター

    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ