2015年02月27日 01:27

尾道らーめん十八番 ① 「尾道ワンタン麺、尾道チャーシュー麺」

当ブログを御覧いただいている皆様は
きっと「食べることに楽しみ」を感じていらっしゃる方でありましょう。
となれば、「○○市のナンバーワン○○屋さん」
という「御贔屓」「お気に入り」のお店もあることでしょう。

今回ご紹介させていただくのは
私にとって現在
「高槻市ナンバーワンのラーメン店」
と感じているお店です。

もちろんの事ですが
食べログ等で目につくお店は、全て食べている
or 
外に漏れ出る香りで容易に判断の付くお店である。
(分からない方がどうかしている!という不自然な香り)
等を自分で判断した上でのことです。

食サイトに掲載が無い・弱いお店も数軒あることから
上記の表現を「現在」とさせていただきました。


私は、ミーハーではありません。
私は、世間の評価に左右されません。
美味しくない物を美味しいと書くことはありません。
私「食べログ」を見ることはあっても参加していません。
出された1杯に対する評価ではなく
「お店に点数を付ける」システムが嫌いです。



折角なので「世間の評価を気にされてるお店の方々」に、
ハッキリ申し上げておきます。

・御店に悪い点数を付ける方の舌を、正しいと感じていますか?
・良しとする方・悪しとする方、御店の常連になるのはどちらですか?
・良しとする方・悪しとする方、どちらのためのお店にするべきですか?
・上記の事を、他のお店に当てはめて食べ歩きをしてたりしませんか?
 それは正しいことですか?
・食べ歩きをするときに、ネットの評価を気にしない「客観的な感想」を抱けてますか?
 それは味だけですか?
 「店づくり」等の「味以外の魅力」が見えていますか?


大抵の方が出来ていません。
それは当然です。
「真面目に作っている」方ほど、上記の点が盲目になりやすい。
つまり、ナイーブになっていらっしゃる。


最近の関西は、味ではない部分で
高評価を得ている店が多いです。
それは仕方のないことかもしれません
「味よりも楽しみを求めている」方が多いということです。
それだけ、不景気で「皆様疲れている」のだと感じています。
私は、そんな方々を否定する気はありません。
自分とは、求める物が違うだけです。
ただ、そんな目的で楽しみたい方を
平気で騙すお店は否定します。

さて、再度申し上げます。
今回ご紹介するのは、私が現在
「高槻市ナンバーワンのラーメン店」
と感じているお店。

20150222_120103_751
そちらは現在、開店前に行列はできず
食べログの評価は高いとは言えないお店ですが
行ったことが無い、という方々が多いであろうと感じているお店。


20150222_120037_102
尾道らーめん十八番さん

高槻市京口町12-5
072-674-2088



外見も内装も、女性が1人で入りにくいお店ですが(笑)
中にいらっしゃるマスターは、とっても紳士な御仁です。
家族連れも来られます、カップルも来られます。
それ以上に、たっぷり食べたがる方々が多いのも事実です。


20150222_120715_271
ラーメンは3種類です。



20150222_120724_477
つけ麺も3種類です。
・濃厚つけ麺、ひやあつ
・濃厚つけ麺、あつもり
・柚子つけ麺、ひやあつ


こちらでは、すでにいろいろ食べてますが
レポは、オーソドックスなものから行きましょう。


20150222_121107_719
尾道ワンタン麺(770円)



尾道ラーメン・・・

中国地方のラーメンに愛情を注ぐ者にとって
「西岡山の笠岡ラーメン」「東広島の尾道ラーメン」は
避けては通れぬラーメンです。

かくいう私も、上記2ラーメンは
1時期ハマって食べまくりました。
その経験上、言い切れること。

尾道らーめん十八番さんの尾道ラーメンは
「尾道ラーメン」ではなく「尾道ラーメンの進化系のひとつ」であり
正確な表現をすれば、「カスタマイズ尾道ラーメン」であること。

カスタマイズ・・・

これは、御当地系と言われるお店で、たまに見られる現象で
自分のお店のお客さんの好みに合わせて
現地の味から変化させて、お客さんの好みのベクトルに変化させたもの。

これはとても素晴らしいことです。

現地の味が出せていたら大丈夫、と考えているお店は
絶対に愛されたりはしません。
自店のお客さんの事を見ていないから、
それは商売ではありません、ただの「ひとりよがり」です。

現在、関西にある尾道ラーメンで
素晴らしいカスタマイズをされてるのは

山長さん:明確にして、上品な旨さを出されている。
十八番さん:分かりやすい複雑味とボリューム。

私が確認した限り、2軒です。




少々熱くなってしまったので
この辺で、今回のレポに戻りましょう。

20150222_121131_111
タレ、スープ、脂を合わせ
鶏、豚、魚介のそれぞれが濃厚でわかりやすい味。

タレも濃い目ですが
スープの味も濃く、背脂の量も適度で
濃厚でありながら、バランスの取れた味わい。

「濃厚」「旨い」

食べた方の多くが、そう思うことでしょう。
ちなみにこの時は、
通常麺(平打)か細麺(限定)のどちらがが選べ
細麺をセレクトしました。

通常の平打麺よりも
細麺の方がスープを持ち上げます。
それゆえ、麺が負けている印象を受けたのですが
それは、スープが美味しいことの証です。

マ~ジうまい!!!!

たまには、こういう「魅力の再発見」もいいですね♪
それだけ通常の平打麺は、バランスが考慮されていた証でもあります。

ちなみにワンタンは「つるっ」とした皮の中に、
密度の高い肉が入っており
一瞬、舌に集中させる素晴らしいアクセント。




そして、こちらのラーメンは
ベースがおいしいだけではなく
チャーシューが衝撃的に美味しい!
それを存分に楽しめるおすすめメニューがこちら

20150222_120743_884
①尾道ラーメン+小ライス+香の物(750円)

★チャーシュー麺に変更(+200円)


合計950円のメニューです。

20150104_130252_795
尾道チャーシュー麺

写真で見ると「少しチャーシューが入った」
くらいに見えますが、実際箸を入れてみると
デカい肩ロースがゴロゴロゴロゴロ!!!!

分厚い、枚数が多いだけではなく
一枚一枚が美味しい!
噛んだ時の香り、肉の旨味が詰まっている。

しかも、枚数を忘れるほど多い(笑)

そのチャーシューを引っ張り出し
小ライスのご飯をチャーシューで食べるのが超贅沢。

マ~ジうまい!!!!!

茨木・高槻のチャーシュー好きの方は
こちらのチャーシューを食べずして
チャーシューを語ることなかれ。

20150104_130305_622
餃子もマ~ジうまい!


結構食べてしまう私ではありますが
こちらに来て、量も質も気分も満足しなかったことがありません。

自分はミーハーではない!
と思う方は是非一度。
満足感の度合いの違いに驚かれることでしょう。
濃厚であり、引きのある味に驚かれることでしょう。


    mixiチェック
プロフィール

はらぺこ准将

毎日のワンクリックに御協力を~♪
カテゴリー
アクセスカウンター

    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ