2015年03月29日 10:28

中華料理 幸太樓 ① 「中華丼、餃子」

前レポと話が前後します。
「手打ちうどん ひだりうま」さんのオープン前
そろそろオープンされたのだろうかと見に来て
まだオープンしてないことを確認。

春日商店街にでも行こうかな・・・と
方向転換をしようとした私。
ふと視界に入ったお店に違和感を感じて足を止めました。

20150326_201018_611
幸太樓さん

茨木市下穂積1丁目2-9
072-625-1252
※定休日は月曜日。夜は10時まで。


大体どこでもそうだと、私は勝手に思っているのですが
長年されているお店は、小売りであっても飲食であっても
暖簾や、看板の老朽化を気にしていません。

でもこちらは、長年営業されているお店のようですが
「暖簾が新しい」ことが気になったのです。


20150326_202704_441
以前は、食品サンプルを入れていたであろうスペースは
メニューのアイキャッチを高めるデザインスペースに。

面白そう♪


20150326_201137_218
入れば、昔ながらの油臭がほのかにあります。
数十年営業をされてきた歴戦のお店なのですね。
しかも、メニューの字が独特の力強さがあり
思わず、全てのメニューを見てしまいました。


20150326_201239_274
20150326_201222_414
もちろん卓上メニューもございます、
麺物、御飯物、1品揃っているだけでなく
基本価格設定を安くされている。
サイドメニューをオーダーしやすいですね♪


20150326_201641_375
中華丼(550円)

卵の具合を見て「まさか」と思いましたが
食べて確信に至ったのは
「油の量を最低限しか使っていない」事でした。

中華チェーンに多い、ふわふわ卵は
全て「多量の油」によるものです。
そもそも中華チェーンが、どの支店でも
マニュアルである程度の料理が出せるのは、油の多さゆえ。

逆に言えば、油が少なければ
問われるのは、作り手の技量。

具の野菜、人参、玉ねぎ、葱
そして特筆すべきは、卵と豚肉でした。

卵は軽く焼きが入り、良い香りをたたえ
豚肉は、熱を入れすぎていないので
ジューシー感を保ったまま。

マ~ジうまい!!

20150326_201812_800
餃子(250円)

見た目こそ、ざっくばらんに盛られてますが
皮の様子から察して、自家製ですね♪

20150326_202013_270
噛んでみてびっくり!
余分な脂が一切ありません!!

主に(脂ではなく)肉の旨味
そして、野菜は肉を引き立てるかのような食感。

マ~ジうまい!!!

この餃子、250円は
ナイスコストパフォーマンスです!



良いお店を発見しました!
このお店の、肉料理単品を
次回食べてみようと感じました。


    mixiチェック
プロフィール

はらぺこ准将

毎日のワンクリックに御協力を~♪
カテゴリー
アクセスカウンター

    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ