酔いどれ准将(飲み)

2015年02月07日 23:06

花金!花金!と
いつもだったら、テンション高く食べに行くところなのですが
この日は、激しい週の週末に衝撃の出来事があって元気霧散。

こんなときは、ひとりで飲みに行こか・・・
(テンション : -10状態)

私はあまり、ひとり飲みをしないんですが
話し相手がいてるお店になら、行きやすいですよね。
というわけで、駅からてくてく歩いて着いた先は

20150206_210657_884
カフェ&バー ハウス・オブ・ドレッド
さん

茨木市庄2-25-43
090-7361-5639


私の持論ですが
外観がオシャレなお店って、
私のようなオサーンを含め、中高年男性は
中々入りにくいんです。

自分なんか入っていいお店なのか・・・と

人って、どうしても「劣等感」を少なからず
持っているはずなので。

で・も・・・

そんな中高年男性の皆様、安心して入って下さい!
マスターの狙いは「女性も入りやすいお店」なのですが
実際は、「男祭り」が展開されてます(笑)


20150206_210707_732
本日の単品、ロックオン!(笑)

(テンション : -9状態) 
    ↑
(アヒージョを見て、テンション少し上がった)


7
店内の音楽は、なんとレコード!
マスターは、元DJ!
なるへそ、オシャレなわけです♪

(テンション : -7状態) 



そしてメニューを見れば
生ビールはハートランド!!
(テンション : -6状態) 
ハートランドの「瓶」を置くお店は
関西でも増えてきましたが、
「生」を置いているお店はまだ少ないです。
特に茨木市では・・・!

ノータイムでオーダー!
今日の単品2つもオーダー!
腹減ってたので、

DSC_0002
ハートランド生(500円)

「瓶」よりも、さらに柔らかいクチ当たり。
舌の上を、するっと滑っていき
舌を軽く洗い流して、素早く喉の奥へ消えて行く。
後に残るのは、気分高まる爽快感!!
(テンション : -5状態) 

カウンターの上の焼酎を見れば
何気に「六代目百合」があるし・・・
これは、取扱店が限定されています。
茨木市で販売されてるお店がある模様。
行ってみなくては!

DSC_0004
トルティーヤチップス

まずは軽く。
厨房から良い香りがしてきて、意識はそっちへ持っていかれました(笑)
(テンション : -4状態) 

でも、この香り・・・・・・
ただの「鶏のからあげ」ではありませんね。
何か仕掛けがあるはず。

DSC_0005
ハイボール(500円)

鶏のからあげ(500円)

ハイボールにはレモンを入れて頂きました。
からあげ、つまりレモンの合うメニューには
酒にもレモンがあった方が合います。

そしてハイボールを作るシーンを見ていたら
使用していたお酒は、なんとジョニ赤!!
引っかかるアルコール感が無くて
スイスイ飲める危険なシロモノです(笑)
(テンション : -3状態) 

そして、鶏のからあげ!

食感に微細なカリッと感があり、衣自体の香りが素敵。
衣が完全コーティングされていて
鶏の風味が奇麗に閉じ込められている!

だから、噛んだ時に
中から鶏の香りがあふれ出て
その後に鶏の旨味が楽しめて
噛みながら、衣の微細なカリッと感が
相乗効果となって、クチの中が喜ぶ喜ぶ!!
(テンション : -1状態) 

マ~ジうまい!!!

これは、初めて出会うタイプの唐揚げです。
唐揚げで「新しい物」なんて、なかなか出会えません!

マスターに美味しさの訳を聞いたら、
なんと衣は、
片栗粉、小麦粉、タコスの粉のブレンドとの事!


タコスの粉、つまりトウモロコシの粉です。
衣の香りは、ここから来ていましたか!
そりゃ、厨房から良い香りが来るわけです♪
そりゃ、風味が良くなるわけです♪
(テンション : 1状態) 

ついに、マイナス状態から脱した私
ここで白ワインをオーダー(笑)

DSC_0006
エビのアヒージョ(700円)

これまた面白い!
ニンニクのふんわりとした風味増し。
唐辛子の引き締めもさることながら
オリーブオイルのパンチを抑えることにより
海老、あさり、などの食材の風味が
素晴らしい輪郭を伴って、
ついつい白ワインが2杯進みました(笑)
(テンション : 3状態) 


マ~ジうまい!



ここで、お客さんが増えてきて
私を含め、カウンターで「男祭り」が始まりました。
(テンション : 6状態) 

そんな中、気になった1本のボトル。


6
アップルトン・エステート12年

ラムです。
濃い色のラムでしたら「ダークラム」を
置いているお店は結構あるはず。

ここまで見ると、皆様からすれば
私が気にしたのは「12年」という部分ではないかと
お思いになった方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、そこもあります。

私が気にした最大の文言はエステートです。

エステートとは、ワインでも見かける名前なのですが
フランスワインで言う、「シャトー」「ドメーヌ」と同じ意味。
つまり、
原料の生産、醸造、熟成、瓶詰め
1本の酒を造る全ての作業を、
自社で行っている生産者の事です。

それって、どういう意味?
とお感じになった方は、お菓子で説明すると

「自分で小麦を栽培して、その小麦でドーナツを作った」

というのと同じことです。
それって、凄い話ですよね?

原料は「仕入れる」生産者がほとんどです。
お酒の中でも、ラムは特にその傾向が強いです。
ですが、このラムはエステート!

興味持たない訳がありません。
早速ロックでオーダーしました。

そーっと、クチの中に入れると、
舌先で引っかかるところが無く
一気に舌の奥まで入っていき、舌の奥で旨味が乗る。
さらに
舌の温度で、香りを爆発させる。

ゴクンと飲み込むと
喉の奥から食堂へ、心地良さが広がっていき
それと同時に、舌先に向かって
心地良い後味が広がっていく・・・なんという余韻・・・!
(テンション : 9状態) 

マ~ジうまい!!!

たまらず、今度は「氷を半分で」でオーダー。
その次は「氷、2~3個で」。
その次は「氷、1個で」。
そしてついには「ストレート」で。


テンションMA-------Xっ!!!


徐々にカウンターには人が増え
男祭りに華が咲き、笑いであふれ
すでに私のテンションはキャリーオーバー状態!(笑)

すでに終電時間を超え
笑いならがラムを飲み
最後は、美味しい珈琲でシメて
皆様より先に失礼させていただきました。


マスターがシャイなので
お店の外観だけでは、良いところがアピールされてなかったので
私が代わりに申し上げますと


<酒>
・ハートランドの「生」がある。
・ハイボールのベースは、ジョニ赤。
・エステート12年物のラムがある。


<食べ物>
・ジャークチキン、カレーは是非。
・昼はスィーツも作ってる時がある。
・からあげは、独自の美味しさがある。
・素材の素朴な旨味の好きな方は、アヒージョも。



<お店自体>
・外観がオシャレ。
・音楽がレコード。
・マスターがナイスガイ!


さらに
夜は名物「ジャークチキンピザ」がある模様。

この日は、たまたまありませんでした。
たまたま(笑)
次回の楽しみにしましょう。

男祭り御参加の皆様、ありがとうございました。
また飲りましょう!
おかげで、来週からも頑張れそうです(笑)



「ハウス・オブ・ドレッド」さんの最新情報
※文字をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
御主人のツィッター(最新情報)
お店のホームページ
音楽好きの方はこちらのページも



<私の過去レポ>
カフェ&バー ハウス・オブ・ドレッドさん
※定番メニューは「①」に載せてます。

ジャークチキンカレー


    mixiチェック
プロフィール

はらぺこ准将

毎日のワンクリックに御協力を~♪
カテゴリー
アクセスカウンター

    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ