└ 茨木市

2015年06月19日 00:05

次回はカウンターで寝ないようにと心に誓いつつ、
仕事疲れで、またもや寝てしまいそうな金曜の夜に再訪(笑)

20150428_230539_792

ハルの洋食バル クロッキオさん

茨木市竹橋町2-1
080-8323-8199



今度は大丈夫!ツレも一緒だから!
と、思いながらもオーダーは軽めに始めるへタレがここに・・・。

20150612_224123_287
サーモンマリネ(300円)

300円から手堅い物を出してくださるのが
非常にありがたいお店です。

20150612_225054_395
盛り合わせ


な・・・なんと9品!!

ひとりだったら、これだけで満足できそうです!

20150612_225108_484
あ・・・写真が少し酔ってる(笑)

20150612_225322_537
こんな珍しい物もあり、ハイボールにしていただきました。
かなり、ドライな味わいのハイボール。

揚げ物をオーダーしていたのですが
中華でも面白そうなお酒でした。

20150612_230455_496
これが、今回のメインになりました♪


20150612_230508_419
ナスのオーブン焼き(500円)

ミートソースにチーズを乗せて
じっくりオーブンで焼いた
ボリューミージューシーな1品。

マ~ジうまい!

20150612_230525_603
本日のフライ(豚ヘレ)(500円)

さくっ・・・じわぁぁぁぁぁ・・・!

といった流れで襲い掛かる
衣の食感から、柔らかい肉質に移り
肉の奥からやってくる旨味へと変わっていきました。

マ~ジうまい!!!


おなかパンパンで、
今回はパスタまでたどり着けませんでした。
次回は昼に来てみるのも面白そうです。

こちらのパスタは色々食べてみたいです!



<私の過去レポ>
ハルの洋食バル クロッキオ
さん
アスパラのイタリアン春巻き、カルボナーラ





    mixiチェック

2015年03月08日 22:57

20150306_200645_421
茨木市において
もつの「焼肉」であれば、「ホルモンなかみ屋」さんという
頼もしい存在がありますが、
もつ鍋は、これといったお店を見つけれていなかった私。

フォロワーさん情報を頂いたので
これ幸いと、ツレと行ってきました♪

20150306_200622_891

もつすとぉりぃさん

茨木市沢良宜西1-1-13
072-634-3399

金曜夜だったこともあり、店内ほぼ満席
何とか座れた、という状況でした。


DSC_0003
メニューを見れば、少人数からでも楽しめる構成。
女性2人連れという方もいらっしゃったのが納得です。


金曜夜だったこともあり、店内ほぼ満席
何とか座れた、という状況でした

20150306_201126_400
他に1品メニューも豊富でしたが
今日のオススメも気になる物が色々と♪

ツレは生
私は、シャンディガフを手に
早速飲み始めました。


DSC_0007
まぐろの串揚げ

丁寧に揚げられており
1人につき1皿でも良いくらい
ひょいぱくひょいぱく食べれます。


1425678785999
くわいの素揚げ

これは、ビジュアルだけで
すでに間違いないですね~!
泡物が進む君!



1425678779354
特製もつ鍋 緑のスープ
※トッピング、黒毛和牛もつ

緑は、ほうれん草、枝豆のペーストでつけているようです。
これがまた、もつの脂を意識させない味わいになっております。

もつは、非常にジューシーな脂が出てきて
かつ、肉の繊維を感じさせないため、
脂の旨味に意識が集中し、楽しめます。

マ~ジうまい!

差は、やはり「脂」でありましょう。
世間一般的に多い「もつ鍋」は
肉の繊維ばかり目立って、脂もよろしくない。
良い「もつ」であるほど、脂がおいしい。


1425678770574
シメはリゾットで頂きました。
緑のスープはリゾットがいいですね♪


プラス、個人的には
山崎のハイボールを置いているのが
また飲みに来たくなるポイントでした。
オサーンに、生ビールは重いので(笑)



    mixiチェック

2015年03月07日 23:41

総持寺駅南西側に、「与作」さんという
総持寺では、老舗と呼ぶべきお店がございました。

以前一度だけ行ったことがあっただけですが
いつしかお店が閉まってしまい、
工事が始まった時は驚いたものです。

その跡地には、面白いお店が出来ていました。

20150228_225836_698
おでん&ワインバー ヨサクさん

茨木市庄2丁目19 (の、最東端)

住所は、諸事情のため
こんな書き方になっておりますが
総持寺駅北出口を出て、左を向いたら目の前にあるので
迷わず行けることと存じます。


20150228_222021_245
こちら、おでんとワインのお店。
と思っていたのですが
よく見たら「欧州おでん」なんですね。
興味をそそるメニューが多く、入りました♪


20150228_222611_176
店内は席数が多く
すでに多くの方々が楽しまれており
熱気に包まれておりました。


20150228_222414_313
お!
なんとも、名前で興味の沸くものばかりですね~!


20150228_222749_267
グラスワインも豊富です!


20150228_222442_593
ボトルワインもございます。


20150228_222452_342
ランチもやってるんですね。
カレーサミットにも出てらっしゃったようですし
1度、カレーを食べに来なくては。
(また、土曜昼の宿題が増えた・・・ 笑)

さて、おでんを数種オーダーしたのですが
ワインは少し考えました。

普通、世間一般的にあるおでんと
ワインを合わせようとするのならば
選ぶべきワインは、白です。

しかも、酸味が抑えられた「やや甘口」
ドイツで言えばQbAクラス
(リースリングでない方がいいかも)
国産ワインで言えば、甲州。
ニューワールドで言えば、マスカット系。
アスティをセレクトするのならば、あえてロックで。
このあたりが合うことでしょう。

ですが、
それはあくまで「世間一般的にあるおでん」
こちらが唄うのは「欧州おでん」
ならば、赤に合わせることも考慮の上でしょう。

というわけで、1杯目は「サンレオ・ロッソ」をセレクト。

※この考え方で、いきなりダイヤモンド シラーズを選んだら
 それは、ただの鬼 or ドS(笑)


20150228_223303_272
大根 ~ポルチーニ クリームソース~

良い香りがします。
クリームソースは、もちろん赤にあります。
肝心なのは、大根です。

20150228_223531_670
大根は、あっさりと炊かれたもの
それに、クリームソースをかけているのですが
これを赤ワインと合わせたとき、面白い現象が起きました。

大根とワインを混ざり合わすのを防ぐように
クリームソースが両者をシャットアウト。
もしくは、両者の間に入るクッション役、とでも言いましょうか、
両者を邪魔することなく、クリームソースが各々を楽しませる。

おもしろっ!

これでテンションあがりました(笑)

20150228_224056_389
仕掛けがなされていることは分かりましたので
ワインはパトロナレスにして、金額をおさえ
おでんを数品頼むことにしました。


20150228_224116_622
丸ごとたまねぎ ~カレーソース~


20150228_224201_298
スパイスが立たないようにしています。
玉ねぎのホクホク感を前に出し
カレーは軽く絡む感じになっているのも、
赤に合う要因になっているのでしょう。


20150228_224546_823
手羽先 ~中華風ネギ醬油ソース~

甘味と酸味を立たせたソース。
このソースは、さすがに白をお勧めします。

白→赤、とオーダーする予定の方は
先の方で、これを頂くとよろしいかと♪

20150228_224747_736
タコ ~ジェノバソース~

これは鉄板ですね。


これだけ楽しんで、お会計は1800円弱。
手軽に楽しめる、面白いワインバーが出来ました。

私にとっては、飲み足りないときの選択肢ができ
非常にありがたいお店となるでしょう




    mixiチェック

2015年03月06日 23:44

地元を中心として徘徊していると
ネットであったり、口頭であったり
ふと、情報を頂くときもございます。

土曜の昼しか行けないお店は
なかなか先が詰まってたりするんですが(笑)
それ以外の時間帯で行ける場所は
やっぱ気になるので、とっとと行っちゃいます~♪

この日伺ったのは、串カツのお店。

20150228_214003_663
おぐらさん

茨木市中総持寺町
6-15

072-635-0799


相変わらず、
私のスマホカメラは夜に弱いですね。
デジカメ買うのの嫌だしなぁ・・・(笑)


本来は予約の多いお店とのことですが
運よく2席だけ空いておりました。


20150228_214626_566
串の基本メニューはこちらですが
壁に黒板があり、1品メニューがビッシリ!
中には、御飯物もありました。


20150228_214709_826
串カツに合わせることと
1品メニューの中に「鰹」があったので
日本酒に致しました。

選んだのは、久しぶりの呉春 本醸造


20150228_214643_721
串用の皿が出て来ました。
左から、ポン酢、ソース、タルタルソース、抹茶塩です。


さて、鰹をオーダーしたとき大将から
生姜か山葵かを聞かれ、迷わず「生姜で♪」と返しました。

ノータイムでの生姜。

これだけで大将は
私の素性を御理解されたことでしょう。

20150228_215200_885
鰹の造り

ちゃんと
大葉、ネギ、ワカメ、生姜、ニンニクで出て来ましたね
そして、なんといっても

20150228_215227_250
見ただけで、濃密感が分かる身
御見事です!

ニンニクスライスと生姜を身で包み
ほんの少しだけ、醤油を付けて頂く。

見たまんまの濃厚な旨味。
ニンニクが霞みかかるほどの・・・!

マ~ジうまい!!!!


鰹の造りなんて
スーパーでも、その辺の飲み屋さんでも
普通に置いてるんじゃないの?
・・・なんて思う方もいらっしゃるでしょう。

「身の重味」に、大きな差がございます。
わざわざ、こちらで頂くだけの価値ありです。



これを食べて、テンションが上がってしまったため
ついつい、魚と日本酒の
コンビネーションラッシュをかけるとこでしたが(笑)
本来の目的は忘れていません。

20150228_215411_768
揚げたての串を
大将がそっと置いてくれます。
思い思いの味付けで頂きましょう~!


20150228_215507_295
豚ロースを噛めば、中はほっこりしてて
ひとりで、しみじみ味わうにはピッタリ♪


20150228_215552_514
串を見つめ、タレを見つめ
どの味で食べようか、迷ってしまいます。


20150228_215839_148
ひとつひとつ、油切れが良く
中の食材の味が、揚げることにより増している。

美味しいだけでなく、しつこさが全くないので
女性でも、20本は食べれる事でしょう


20150228_220249_325
1種類を2本頼んで
違う味で楽しむのもありですね。


20150228_220455_461
このアスパラは、特に気に入りました。

穂先は、串揚げとして楽しめ
衣がかぶっていない部分は、アツアツのホッコリアスパラ。
皮をむいた根元部分は、シャクシャクの生。
1本で3つの味。食感が楽しめます。

マ~ジうまい!!!

このお店、誘惑が多すぎて
間違いなくキケンです、際限なく食べそう(笑)

大将が手際よく作ってはった
オムライスを気にしながら、お店を後にしました。
昼もやってるのかなー、今度見てみましょう♪








    mixiチェック

2015年02月07日 23:06

花金!花金!と
いつもだったら、テンション高く食べに行くところなのですが
この日は、激しい週の週末に衝撃の出来事があって元気霧散。

こんなときは、ひとりで飲みに行こか・・・
(テンション : -10状態)

私はあまり、ひとり飲みをしないんですが
話し相手がいてるお店になら、行きやすいですよね。
というわけで、駅からてくてく歩いて着いた先は

20150206_210657_884
カフェ&バー ハウス・オブ・ドレッド
さん

茨木市庄2-25-43
090-7361-5639


私の持論ですが
外観がオシャレなお店って、
私のようなオサーンを含め、中高年男性は
中々入りにくいんです。

自分なんか入っていいお店なのか・・・と

人って、どうしても「劣等感」を少なからず
持っているはずなので。

で・も・・・

そんな中高年男性の皆様、安心して入って下さい!
マスターの狙いは「女性も入りやすいお店」なのですが
実際は、「男祭り」が展開されてます(笑)


20150206_210707_732
本日の単品、ロックオン!(笑)

(テンション : -9状態) 
    ↑
(アヒージョを見て、テンション少し上がった)


7
店内の音楽は、なんとレコード!
マスターは、元DJ!
なるへそ、オシャレなわけです♪

(テンション : -7状態) 



そしてメニューを見れば
生ビールはハートランド!!
(テンション : -6状態) 
ハートランドの「瓶」を置くお店は
関西でも増えてきましたが、
「生」を置いているお店はまだ少ないです。
特に茨木市では・・・!

ノータイムでオーダー!
今日の単品2つもオーダー!
腹減ってたので、

DSC_0002
ハートランド生(500円)

「瓶」よりも、さらに柔らかいクチ当たり。
舌の上を、するっと滑っていき
舌を軽く洗い流して、素早く喉の奥へ消えて行く。
後に残るのは、気分高まる爽快感!!
(テンション : -5状態) 

カウンターの上の焼酎を見れば
何気に「六代目百合」があるし・・・
これは、取扱店が限定されています。
茨木市で販売されてるお店がある模様。
行ってみなくては!

DSC_0004
トルティーヤチップス

まずは軽く。
厨房から良い香りがしてきて、意識はそっちへ持っていかれました(笑)
(テンション : -4状態) 

でも、この香り・・・・・・
ただの「鶏のからあげ」ではありませんね。
何か仕掛けがあるはず。

DSC_0005
ハイボール(500円)

鶏のからあげ(500円)

ハイボールにはレモンを入れて頂きました。
からあげ、つまりレモンの合うメニューには
酒にもレモンがあった方が合います。

そしてハイボールを作るシーンを見ていたら
使用していたお酒は、なんとジョニ赤!!
引っかかるアルコール感が無くて
スイスイ飲める危険なシロモノです(笑)
(テンション : -3状態) 

そして、鶏のからあげ!

食感に微細なカリッと感があり、衣自体の香りが素敵。
衣が完全コーティングされていて
鶏の風味が奇麗に閉じ込められている!

だから、噛んだ時に
中から鶏の香りがあふれ出て
その後に鶏の旨味が楽しめて
噛みながら、衣の微細なカリッと感が
相乗効果となって、クチの中が喜ぶ喜ぶ!!
(テンション : -1状態) 

マ~ジうまい!!!

これは、初めて出会うタイプの唐揚げです。
唐揚げで「新しい物」なんて、なかなか出会えません!

マスターに美味しさの訳を聞いたら、
なんと衣は、
片栗粉、小麦粉、タコスの粉のブレンドとの事!


タコスの粉、つまりトウモロコシの粉です。
衣の香りは、ここから来ていましたか!
そりゃ、厨房から良い香りが来るわけです♪
そりゃ、風味が良くなるわけです♪
(テンション : 1状態) 

ついに、マイナス状態から脱した私
ここで白ワインをオーダー(笑)

DSC_0006
エビのアヒージョ(700円)

これまた面白い!
ニンニクのふんわりとした風味増し。
唐辛子の引き締めもさることながら
オリーブオイルのパンチを抑えることにより
海老、あさり、などの食材の風味が
素晴らしい輪郭を伴って、
ついつい白ワインが2杯進みました(笑)
(テンション : 3状態) 


マ~ジうまい!



ここで、お客さんが増えてきて
私を含め、カウンターで「男祭り」が始まりました。
(テンション : 6状態) 

そんな中、気になった1本のボトル。


6
アップルトン・エステート12年

ラムです。
濃い色のラムでしたら「ダークラム」を
置いているお店は結構あるはず。

ここまで見ると、皆様からすれば
私が気にしたのは「12年」という部分ではないかと
お思いになった方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、そこもあります。

私が気にした最大の文言はエステートです。

エステートとは、ワインでも見かける名前なのですが
フランスワインで言う、「シャトー」「ドメーヌ」と同じ意味。
つまり、
原料の生産、醸造、熟成、瓶詰め
1本の酒を造る全ての作業を、
自社で行っている生産者の事です。

それって、どういう意味?
とお感じになった方は、お菓子で説明すると

「自分で小麦を栽培して、その小麦でドーナツを作った」

というのと同じことです。
それって、凄い話ですよね?

原料は「仕入れる」生産者がほとんどです。
お酒の中でも、ラムは特にその傾向が強いです。
ですが、このラムはエステート!

興味持たない訳がありません。
早速ロックでオーダーしました。

そーっと、クチの中に入れると、
舌先で引っかかるところが無く
一気に舌の奥まで入っていき、舌の奥で旨味が乗る。
さらに
舌の温度で、香りを爆発させる。

ゴクンと飲み込むと
喉の奥から食堂へ、心地良さが広がっていき
それと同時に、舌先に向かって
心地良い後味が広がっていく・・・なんという余韻・・・!
(テンション : 9状態) 

マ~ジうまい!!!

たまらず、今度は「氷を半分で」でオーダー。
その次は「氷、2~3個で」。
その次は「氷、1個で」。
そしてついには「ストレート」で。


テンションMA-------Xっ!!!


徐々にカウンターには人が増え
男祭りに華が咲き、笑いであふれ
すでに私のテンションはキャリーオーバー状態!(笑)

すでに終電時間を超え
笑いならがラムを飲み
最後は、美味しい珈琲でシメて
皆様より先に失礼させていただきました。


マスターがシャイなので
お店の外観だけでは、良いところがアピールされてなかったので
私が代わりに申し上げますと


<酒>
・ハートランドの「生」がある。
・ハイボールのベースは、ジョニ赤。
・エステート12年物のラムがある。


<食べ物>
・ジャークチキン、カレーは是非。
・昼はスィーツも作ってる時がある。
・からあげは、独自の美味しさがある。
・素材の素朴な旨味の好きな方は、アヒージョも。



<お店自体>
・外観がオシャレ。
・音楽がレコード。
・マスターがナイスガイ!


さらに
夜は名物「ジャークチキンピザ」がある模様。

この日は、たまたまありませんでした。
たまたま(笑)
次回の楽しみにしましょう。

男祭り御参加の皆様、ありがとうございました。
また飲りましょう!
おかげで、来週からも頑張れそうです(笑)



「ハウス・オブ・ドレッド」さんの最新情報
※文字をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
御主人のツィッター(最新情報)
お店のホームページ
音楽好きの方はこちらのページも



<私の過去レポ>
カフェ&バー ハウス・オブ・ドレッドさん
※定番メニューは「①」に載せてます。

ジャークチキンカレー


    mixiチェック
プロフィール

はらぺこ准将

毎日のワンクリックに御協力を~♪
カテゴリー
アクセスカウンター

    記事検索
    QRコード
    QRコード
    livedoor 天気
    • ライブドアブログ